【画像】齋藤純也(表参道ケリー)Twitterで大炎上!ついに閉業?嫁&子供も特定される

話題のあの人

pxtswskn_400x400-4369714

表参道/青山にある美容院の有名店「表参道ケリー」のスタイリスト、齋藤純也さんの対応に問題があるとしてTwitterなどで大炎上しています。その対応の最悪さ、今回の炎上により、閉業も噂されているようです。今回は、齋藤純也さんの経歴や店舗、炎上の原因や世間の声、そして齋藤純也さんと店舗の今後について詳しくご紹介します。一体何が起こったのか、気になる方は必見です!

合わせて読みたい 合わせて読みたい

齋藤純也さんは、表参道の青山にある美容院、

kelly.のオーナーさんです。

→https://beauty.hotpepper.jp/slnH000551026/

永尾まりやさんや島崎遥香さんなど芸能人やモデル、インフルエンサー、有名な方のスタイルを数多く手掛けてきたようですね。 齋藤純也さんが経営する表参道ケリーにて、彼が顧客に対して不適切な態度をとったとの報告がTwitterなどのSNS上で相次ぎ、

多くの人々から非難を受けた為です。

彼の対応は、不快な言葉や態度を用いるなど、

顧客にとって極めて不快なものだったとされます。

齋藤純也さんの炎上のきっかけは、一部の顧客からの苦情がTwitter上で拡散されたことが発端とされます。これにより、多くのユーザーから彼に対する批判が集中し、大炎上状態となりました。一度拡散されると、

T

witterでは次々に自分も同じような被害を受けたとの

報告の声が相継ぎました。

「火のないところに煙は立たない」とはよく言ったものですね。

齋藤純也/レイヤーカット職人(@saito_jyunya)がシェアした投稿

齋藤純也さんは問題が発覚してからしばらくの間、沈黙を守っていました。しかし、炎上が拡散するにつれ、謝罪文を発表しました。

しかし、その謝罪文は不十分であり、被害者やSNS上の批判に対しても適切な対応をしていないとの指摘があります。 閉業についての言及は現在のところはないようですが、これだけの炎上があった後どう挽回していくのか、今後も注目していきたいと思います。

表参道ケリーの齋藤さん、対応悪すぎてびっくりすぎた「友達に変だって言われませんでした?」「僕には切れませんww」「前の仕上がり悪すぎてこれはどこの美容室行っても切ってもらえないです」

と言われて予約して時間作って行ったのに髪切ってもらえず帰された😂美容師コンテスト日本一って何? pic.twitter.com/IekeXr6EB9

— 星子 (@hoshikointhesky) March 8, 2023

齋藤純也って美容師本当に反省してるならちゃんと残る形で謝罪をしないとダメよね。ストーリーって消えるし、この文章社会人としておかしい。
実力不足とか書いてあるけど問題なのは接客態度と対応の酷さでしょうが。自分を選んでお金払ってくれたお客様に罵声浴びせるとか論外にもほどがある。 pic.twitter.com/v6EPI55cPQ

— 爆烈‼️大太り人生 (@tori_arensama) March 8, 2023

調べてみたところ、

こういった被害を受けた方は

まだまだ沢山いるようでした。

齋藤純也さんが発表した謝罪文には、被害者やSNS上の批判に対する具体的な対応策が示されていません。また、謝罪文の中で齋藤純也さんは、自身の行動を「私の一つの行動」と表現していますが、問題が発覚してからの対応においても、過去の自分と同じような行動をしているとの指摘があります。このような対応の最悪さに対しても、さらなる批判を集めています。

dc042bd9351d4f4b7f016a579f2c5148-1024x628-4266973 提供元

こちらは、齋藤純也さんの嫁・チエさんです。チエさんのInstagramアカウントは現在非公開(停止)

になっているとの情報があります。

趣味・マイブーム:妻と子供と休日はゆっくり過ごすことが趣味です^^

掲載エラー|ホットペッパービューティー
掲載情報がありません。

この文章を見ると、愛妻家であることが伺えます。これだけ美人の奥さんであれば納得ですね。

https://morning-omusubi.jp/saitou-yome/

齋藤純也さんの趣味・マイブームに子供とゆっくり過ごすこととあります。何人いるかについての情報はありませんでした。

表参道ケリーのオーナーである齋藤純也さんの顧客に対する対応の悪さで大炎上した件、彼の奥さんや子供についてまとめていきましたが悪い意味で有名になってしまった齋藤純也さん、ケリー共々今後の動きについても追及していきたいと思います。

-話題のあの人

author

関連記事はこちら

Copied title and URL