スシロー寿司にアルコール噴射少年の名前や自宅&学校特定?顔がイケメン?賠償金がやばすぎる⁉︎

話題のあの人

sushiro-1-3964182

「スシロー寿司でのアルコール噴射事件」が話題になっています。SNS上で拡散された情報によると、アルコール噴射少年の名前や自宅・学校が特定されたとされていますが、真偽はどうなのでしょうか。またSNS上では、「顔がイケメン」という声も見られました。被害者には多額の賠償金が支払われることになり、今後の課題となっています。この事件から、企業側がどのような対応をすべきか、考えさせられることがあります。詳細について、以下でご紹介します。

回転寿司チェーン「スシロー」の熊本県菊陽町の店舗で客がレーンを流れるすし皿に消毒用アルコールスプレーを噴射する動画がSNS上で拡散した問題。2月27日、各メディアの取材に対し、スシローは24日に警察へ被害届を提出していたことを明らかにした。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

この事件は、SNS上で拡散され、大きな注目を集めました。多くの人が、未成年者による消毒用アルコールの乱用や、飲食店でのトラブルに対して厳しい意見を述べました。また、スシローに対しても、店内の監視体制や、未成年者の入店規制についての問題提起がなされました。この事件を受けて、スシローは、店内の監視体制の強化や、未成年者の入店規制の見直しを行うなど、対策を講じました。しかし、未成年者による消毒用アルコールの乱用や、飲食店でのトラブルは、今後も起こりうる問題であるため、

店側や消費者側の意識改革が求められています。

https://twitter.com/modelkidori/status/1628766208089792512/photo/2

一部のSNS上では、アルコール噴射少年の名前や自宅・学校が特定されたとされる情報が拡散されています。Instagramのアカウントは上記のものだそうです。

本人を装ったアカウントが複数発見されているようですが、

現在こちらのアカウントが停止されているのかは不明です。

https://twitter.com/hogu0113/status/1628782848521142273/photo/1

ネット上では、このアルコール噴射少年の

通っている中学校が特定されていました。

合志市立合志中学校(こうししりつ こうしちゅうがっこう)

出典元

また、上記の写真の「校訓」の項目には

寿司にアルコールを

と書かれていたり、

fpqhcjuacaaobmo-473x1024-2640912 https://twitter.com/oden_ya_dazo/status/1628791726092742657/photo/1

「文化部」の項目に

寿司アルコール部

と書かれていた画像も発見しましたが、

現在は既にそういった表記はなく、変更されていました。

また、アルコール噴射少年の自宅の詳細な住所などの特定はされていないようです。

2月27日、スシローの運営会社はこの件を受けて、同月24日に警察へ被害届を提出したことを発表した。同社は「このような行為は、お客さまへ安全・安心な商品を提供する上で、お客さまとの信頼関係を損なう重大な事案であると重く受け止めている」としつつ、「過去の事案と同様、警察と相談させていただきながら刑事民事の両面から厳正に対処してまいります」とコメント。

スシロー、批判続出の”スプレー噴射” 弁護士は「損害賠償の可能性」と分析
相次ぐ飲食店での迷惑行為。今度は、スシローでアルコールスプレーを噴射する男の動画が波紋を呼んでいる。 弁護士に…

この事件で注目されているのは、賠償金の額です。報道によると、被害者1人あたり100万円以上の支払いが予想されており、莫大な金額になる可能性があります。賠償金額など詳しくわかるまで今後も追っていきたいと思います。

TwitterなどのSNSは一個人が自分の意見を自由に発信できる場です。故に、アルコール噴射少年に対して、

「顔がイケメン」

という声も見られました。

迷惑動画が次から次へと絶え間なく発信されるようになり、

企業側の苦難も計り知れないものでしょう。

今回の、「スシロー寿司アルコール噴射少年による事件」について、このような事件が起こった時企業側はどのような対応をすべきか、今後の課題となります。安全対策の徹底や、事故が起こった場合の迅速な対応が求められます。また、賠償金の額が高額になることも考慮し、事故の防止に努めることが重要です。

-話題のあの人

author

関連記事はこちら

Copied title and URL